前へ
次へ

ロボットを採用しつつある介護業界

介護の業界は、最近は状況が変わりつつあります。
人的作業で介助するのではなく、機械を活用する事

more

介護がいきなり必要になったら相談を

介護というのはいきなり必要になることもあります。
そして、それが必要になった時には少なからず行

more

介護する人物同士の情報共有を徹底

介護には、複数の人物が関わっている事も多いです。
例えば、家族の1人が寝たきりになってしまった

more

高齢化社会で必要な介護状態にならない自助努力

先日の敬老の日に100歳以上の高齢者が既に7万1千人を超え、それに続く年代の高齢者の中にも生き生きと暮らす人が沢山見られています。
一方で、高齢化が進む社会では老人ホームやその要員を増強しても追いつかない状況が話題になるくらいですから、気力や体力の低下した高齢者の増えることが避けられないようです。
ひとり一人で捉えると若い時には健康体で過ごしていても身体の各部分や臓器の機能が徐々に低下してきて、いつの日にか、病的な状態になったり、生活習慣病を発症する過程を経るようです。
多くの人が歳を取るにつれてスピードの違いがあっても健康を少しずつ毀損しているということです。
各人がこうした状態になっても家庭内ではお互いに補いながら日常生活していれば気力や体力が低くなっても殆ど支障なく生活できます。
ところが、その状態がひどくなり、周囲からの具体的な助けなしで自分の行動を完結できなくなってくると家庭内外で援助が必要になるわけです。
援助の必要性も精神面と肉体面で多士済々なので、症状次第では周囲の助けだけで十分でなく、住まいの改修工事をしたり、設備の整った老人ホーム等へ入居する必要が出てきます。
また、近年は高齢者の一人暮らし、あるいは夫婦だけの暮らしが増える傾向ですから、介護状態になると助けてもらえる状況にない人が多数いると見込まれています。
こうした対象者を在宅のまま外部の介護士や看護師及び介護支援センター職員等が生活を続けられるように支援する方法があります。
いずれの方法をとるにしても介護状態になった人の症状を悪化させないためには一人ずつ症状の異なる人に見合う運動やトレーニングが日常的に必要になるといわれています。
しかしながら、こうした対象者の面倒を見るには施設、設備の他に人材と費用がかかります。
ところが、財政状況の厳しい折り、公的支援に過大な依存のできるはずがありません。
高齢化の進む社会では一人でも多くの中高齢者が健康なうちから気力、体力を維持して生き生きと生活する自助努力が必要のようです。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren2set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top